こうべ環境未来館
施設概要アクセスマップフロアマップエコロジー建築紹介
ビオトープ観察会の活動記録
balloon
 
ビオトープ観察会の活動記録
「めずらしい水生植物」を観察しよう
〜ガマ、フトイ等普段見られない水生植物を聞いて、触れて、楽しく観察!〜
活動日時  平成27年8月8日(土) 10:00〜12:00
参 加 者   15名(大人9名、小人:男4名、女2名)
講  師   兵庫・水辺ネットワーク 碓井 信久 さん

≪活動概要≫
 連日の猛暑、この日も36度を超え、複数の家族が直前キャンセルするなか、観察会は参加者、講師ともども熱心に行われた。
 最初にビオトープに出て、フトイ、ヒメガマ、ショウブなどの水辺の植物を観察、その後先生(講師)がビオトープの中に入って、水に浮かんでいる、ジュンサイ、トチカガミ、ヒシなどをまた、泥の中に手を入れて、マツモ、オオカナダモなどを採取、水中の植物には毒がないことや、実際にヒシの実をかじって見せるなど、子どもたちは興味津々に聞いていた。
 研修室では、未来館のビオトープが貴重な存在であることや、水生植物の分類(抽水、浮葉、浮遊、沈水植物)や日本古来の植物の説明があり、また、子供たちは熱心に顕微鏡をのぞいた。

≪ふりかえりシートの結果≫
 1)今回の観察会を知ったのは
  ・チラシ 3
  ・未来館からの連絡 1
 2)感想
  ・子供達は全員が「楽しかった」
  ・大人からは、説明がわかりやすく、大変勉強になった
 3)今後の観察会については
  ・子供たちのほとんどが採集(特に昆虫)などの体験型の要望があった

≪活動風景≫
  水生生物・ビオトープの説明       フトイ、ヒメガマなどの説明
  子供たちは熱心に聞き入る           熱の入った説明

KOBEこどもエコクラブについては こちら

▲未来館トップページへ   ▲KOBEこどもエコクラブのメニューへ